44歳シングルマタニティー、そしてシングルマザーになる!

43歳で妊娠がわかり、結婚もせず、両親も他界しているので金銭的に頼る家族もいません。そんなわたしが生まれてくる子のために成長し、現職じゃない職種で正社員を目指し、目標はマンションを購入!

母子手帳をもらうタイミング

母子手帳といっしょに

検診の補助券と呼ばれているものがもらえます。

 

産院で会った方は

先に病院に来ちゃったんで

1回目は補助券なしで実費だったそうです。

 

わたしはたまたま

スポーツジムの退会に行った帰りの道に

保健センターがあったので

寄っただけでした。

入る前

何か証明が必要なんだろうか?

でもコレといって何もないし・・・

と不安になりながら

行ったら、簡単にもらえました。

 

ただ補助券は遡って使えないので

実費のままですが

補助券は枚数が限られています。

もし なかなか生まれなくて

多く検診することになった場合に使えます。

その1回実費の方も

この話をすると安心していました。

 

わたしが住む品川区は

妊婦健康診査受診票14枚、

超音波検査受診票1枚、

妊婦子宮頸がん検診受診票1枚、

妊婦歯科健康診査受診票1枚 

くれます。

超音波検査票というのを

使えなかったので

病院で聞くと

検診の補助券として使えるとのことだったので

使いました。

なので、わたしは検診に15回行ったことになります。

なぜ使えなかったかというと

わたしは別の病院から移ってきた形で

最初の超音波が必要なかったからです。

 

ただがん検診や歯科検診が

検診の補助券として使えるかというと

たぶん無理だと思います

 

こんな記事もありましたよ

mamari.jp