読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

44歳シングルマタニティー、そしてシングルマザーになる!

43歳で妊娠がわかり、結婚もせず、両親も他界しているので金銭的に頼る家族もいません。そんなわたしが生まれてくる子のために成長し、現職じゃない職種で正社員を目指し、目標はマンションを購入!

出生前検査

高齢で妊娠したので

お腹の子の先天性障害などは

人一倍気を遣うところです。

 

NHKの「クローズアップ現代」にも特集されるほど

深刻な問題でもあります。

シングルで産むと決めた以上、

もし障害のある子なら仕事などと両立できるのかとか

だからといって、

せっかく授かった命を手放すというのも。。。

 

職場の先輩(45歳で初産)に相談すると

「産院で受けるのが当然のように

 申込書を渡され、書いて受けた。」ということでした。

 

わたしの産院では希望者のみで

予約は12週から受付で診断は15週2日までしか

できない。

受けるかどうか迷っているだけで

どんどん時間は過ぎて行くし

本当に困った。

で、迷いつつ

14週すぎたところで申し込み。

受付の方が

「時間がないので、(申し込みの)2日後にカウンセリングを。」

え?カウンセリング??何?

聞くと、産院のシステムとして

カウンセリングを受けた人しか検査できないとのこと。

しかもカウンセリングは保険が効かないと。。。

「いくらとられるんやろ?」とビビりつつ

当日、優しそうな女の先生。

 

「まずはどうして先天性のものが出るのかというと

 XとYを使って。。。」

って高校くらいでした染色体の勉強やん!と思いつつ
先生が細かく説明するのを聞いていたが
どうもしっくり来ない。
確かに成り立ちというか発生の仕方はわかるんだけど。。。

「先生、実はわたし、まだ受けるかどうか迷っているんです。」

と言うと

先生ご自身も40歳で産んだ話をしてくださり

どう迷っているかを聞いてくださいました。

わたしが「早く会いたい!と思っているんです。」と言うと

「会いたいと思っているんだったら。」と

カウンセリングなので「~しなさい/したら?」など

最後まではっきり言いませんでしたが

背中を押されたような気持になり

結局出生前検査はしませんでした

 

ちなみに出生前検査は主に

血液検査と羊水検査で

血液は確率のみ、羊水だと100%わかります。

最近では「母体血胎児染色体検査」というのもありますが

年齢によって的中率がかわり、35歳で80%だそうです。

そしてカウンセリングは1万円でしたよ。