読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

44歳シングルマタニティー、そしてシングルマザーになる!

43歳で妊娠がわかり、結婚もせず、両親も他界しているので金銭的に頼る家族もいません。そんなわたしが生まれてくる子のために成長し、現職じゃない職種で正社員を目指し、目標はマンションを購入!

ある職場にて先輩から

わたしは曜日や時間帯によって

働いているところが違う。

その中のヒトツの職場での出来事。

 

ある先輩がいて

その方は嫌味はないが

絵にかいたようなハイソというか

教育ママというかセレブ感を出しているというか

「ざます」感も出している方で

けっこう自分が正しいと思っているらっしゃる節があった。

 

なので

「妊婦なんだから、足を出す服を着てひざを冷やすのはいけないよ。」とか

(お尻にカイロ貼って対応してましたが)

「胎教にはモーツアルトがいいのよ。」とか

「○○を食べなさい。」とか

しょっちゅうアドバイス?注意?されていて

価値観の押し付けが強く、

有難いんだけど、正直うっとおしいところもあった。

いや、ストレスだった。

 

その先輩とわたしの同僚が身長について話していた。

そのときわたしが

「お腹の子のお父さんも妹のほうが背が高いんですよ。」

と言うと、

先輩が「義理の妹さんね。」と聞き返してきたので

「わたしたちは結婚しないので義理ではないんです。」とハッキリ言った。

でも先輩は『まだ結婚していない』の意味だと思い

もう一度「でもいずれは義理の妹さんになるんでしょう。」と

聞き返してきたので

「いいえ、結婚はしないので。」と返事をすると

「でも赤ちゃんも生まれるし、結婚しないのは。」と

先輩が「はあ?」という気持ちで勢いよくお上品に言い放った。

そこに同僚が

「わたしの友だちも子どもは欲しいが旦那は…って人 けっこういます。」

と援護射撃(?)。

でもわたしの場合それとは違うので

「わたしは旦那がいらないってわけではなくて、

 離婚歴があるので結婚に踏み切れないとういうか

 結婚はいつでもできますし。

    お互い気が強いので、

    今してもぶつかる可能性のほうが高いし。」

と笑顔で説明したが

先輩には理解不能だったよう。

 

そのあと妊娠に関しての助言は一切なくなった