読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

44歳シングルマタニティー、そしてシングルマザーになる!

43歳で妊娠がわかり、結婚もせず、両親も他界しているので金銭的に頼る家族もいません。そんなわたしが生まれてくる子のために成長し、現職じゃない職種で正社員を目指し、目標はマンションを購入!

子宮鏡下手術を受けた

前日から何も食べず

朝8時前に病院に入って

個室に通され、

着替えとトイレの指示を受けた。

 

しばらく(たぶん9時半くらい)待つと

手術室に移動。

麻酔で爆睡。

(たぶん全身麻酔だった気がする)

 

起こされたのか

気がつくと

看護師さんが

「麻酔が効いているので

 ゆっくり起き上がってください。」

と言われ

頭が少し痛く

足がちゃんと動かないので

介助を受けながら

個室に戻る。

 

休んだのが先か

よく覚えていないが

「糖分をとらなくてはならないので。」と

バウンドケーキ(フルーツ)と

飲み物はジュースやカルピスから選べたので

オレンジジュースをいただく。

元をとろうと

(なんせ1万/1時間)

ささやかな抵抗?

いや本当においしかったからか

ケーキを追加。

 

その後

診察室に通され

「今日から明日くらいシャワーでお願いします。」

 と言われ

医者から諸注意を受けた。

 

確かその頃12時くらいで

13時にパートナーが迎えに来ることになっていたのに

再度爆睡。

 

「パートナーがいらっしゃいました。」

と言われたけど

着替えるだけの気力もなく

睡魔と闘いながら

根性で着替え

帰宅。

 

珍しくわたしが何も話さないので

パートナーが気を遣い

話しかけてきた。

地下鉄の振動が

キツかった