44歳シングルマタニティー、そしてシングルマザーになる!

43歳で妊娠がわかり、結婚もせず、両親も他界しているので金銭的に頼る家族もいません。そんなわたしが生まれてくる子のために成長し、現職じゃない職種で正社員を目指し、目標はマンションを購入!

不妊ドック続き

不妊ドックに出ている感染症検査やホルモン検査など

順調に進み

先生から「内科さんで風疹の検査を受けてください。」と言われたので、

子どもの頃に風疹の検査を受けていないことにして

検査した(真似しないでくださいね)。

いずれも陰性で

どのホルモン検査は年齢並みに

女性全体の値(妊娠の確率)からすると低く

健康ではあるが、

正直妊娠には厳しい状況は変わらない。。。。。

 

次は期待の卵管造影!

なぜ期待かというと

卵管造影をすると 

卵管が通りやすくなると友人からも聞いていたし

先生(医者)も同じようなアドバイスしてくれた。

確か卵管内にバルーンカテーテルを入れるやり方で

「痛みを伴う場合がありますから、

 痛みを感じたら言ってくださいね。」

と言れたけど、多少の痛みがあったものの

そんな大変ではなかった。

ただどんな検査でも痛みも個人差はあるんですがね。

 

それより「妊娠しやすくなる」と期待のほうが高かったので

ワクワク感がいっぱいだった。

 

その後、2か月くらい週末平日関係なく

わたしの排卵日に合わせ

パートナーには家に泊まってもらったのだが。。。。。

ただパートナーは

「ただセックスするするために泊まっているみたいだ。」

と言って

あまり乗り気ではなかった

確かに。