44歳シングルマタニティー、そしてシングルマザーになる!

43歳で妊娠がわかり、結婚もせず、両親も他界しているので金銭的に頼る家族もいません。そんなわたしが生まれてくる子のために成長し、現職じゃない職種で正社員を目指し、目標はマンションを購入!

職場に報告

わたしは自営と言えば自営のような

(米倉風に)「フリーランスの・・・」仕事をしているので

上司というかキーになる人に報告しなければならなく

しかも契約しているのが3箇所あるので

カケル3の作業?報告?をしなければならなかった。

 

まず一つ目。

ここはわたしたちを統括しているのが女性で

しかも45で初産という方だったので

話がしやすかった。

妊娠を告げると

もちろん驚かれ

相手のことを聞かれたが

そこは大人の濁し方で適当に流した。

 

そして二つ目。

ここは統括が男性で二番手は女性だが

最近あまり話してなかったので

年も含めて上の女性(バツ子持ち)に言うと

まず「誰が?」と驚かれた。

次にわたしの年齢を聞かれ

「最後のチャンスだと思う。」と応援?評価?された。

確かに、最後だとわたしも感じていたし。

結婚のことは聞かれたが、

一つ目と違いお金のとか詳しいことまで聞いてこなかった。

(たぶん遠慮してくれた)

 

最後のところは

妊婦は働けないと思っていたので

秘密にしたままスルーしていたら

担当者から主担当をやってほしいと打診の電話があり

そこからの受けた他の仕事でも主担当はしているなどと言って

逃げようとしたが、

未経験者が多く他に頼めないとグイグイ来たので

直接の担当者だけに本当のことを話した。

それなら仕方がないと担当者は主担当の件は諦めてくれた。

でも妊婦でっせ!働いていてええんか?の正解は

「安定期に入ったら働いてもいいんです。」でした。

人手不足というのもあるので

担当者も安定期までは未公開?未共有?ということで

そのまま仕事を続けることに。

相手のことは聞かれたが、

相手の状況を一つ目と二つ目と同様に軽く話すと

「それなら・・・」という感じで

相手の状況が良くなる情報をくれた

 

初めての検診

初めての検診に行く。

とりあえず何を持って行けばいいのかも

わからない。

 

予約の電話で教えてもらった

母子手帳と補助券だけは持った。

 

東京に来て

お見舞い以外で大きな病院には来たことがないので

キンチョ―した。

初診受付で受付を済ませ

産科専用のエレベーターに乗り3Fへ。

(ちなみに2Fと4Fには止まらず、5Fは分娩室などがある階)

 

大きい待合で待ち、番号がきたら中待合へ。

名前を呼ばれ、

お医者さんから

母子手帳と補助券を。」と言われ

やっと気がついた。

補助券に

名前とか前もって書いとかなあかんやん

 

f:id:hatsuho616:20161125214908j:plain

 

自分の子ども

わたしは子どもが好きだが

自分が家庭を持つというのが

ピンと来ず

特に「子どもを産みたい!」と考えたこともなかった。

 

一度結婚していたが

お金もなく

相手の頼りない部分が

日増しに見えてくる状態だったので

2人の生活を立てることだけしかなかった。

 

高校生くらいのときから

父に「早く結婚して孫を見せてほしい」

のようなことも言われていて

それが鬱陶しくて仕方なかったというのもある。

 

そしてわたしの父方の祖父母が

わたしから見てすばらしい人で

父の兄、つまり叔父は戦争孤児で

祖父母がもらい育てた。

その叔父が戦地から戻ってき、結婚したのだが

若くして他界してしまった。

その後、その子どもたち、

つまりわたしのいとこたち4人を育てていた。

一方、戦地で亡くなった身寄りのない親戚がいると

無縁仏にするのは不憫だと言って

三男坊の父を養子に出した

(名前だけなので生活は実父母としていた)。

 

このような「養子」というのに

抵抗がない環境で育ったせいか

子どものころから「別に自分で産まんでも養子でええし。」とも

考えていた。

 

最近では女性雑誌の結婚などの特集で

子どもについてのページ量が

妊活と養子が50%ずつというのも

ざらにある。

 

そんな養子縁組の記事に共感し

しっかり熟読したこともある。

 

そんなわたしが

子どもを産みたいと思い授かった。

 

子どもはお腹に宿る前に

お母さんをみるという。

あかちゃんは

わたしのどこを見て

わたしのお腹に宿ったのだろう

ずっと考えている。

 

 

 

 

 

 

予約の電話

杉山産婦人科を卒業したあと

ネットを見ると

自転車禁止!と

書いてあったので

30分ほどかけて歩いて

スポーツジムを退会に行った。

わたしはティップネスを使っていたんだけど

ティップネスは妊娠による退会は1年半以内なら

f:id:hatsuho616:20161119160429j:plain

らしい。

 

その足で

区の保健センターに行って

母子手帳をもらった。

「今からでも

 助産師相談を受けられますが

 受けますか。」と聞かれたが

妊娠が分かったこと以外

わたしの中に情報も疑問もなかったので

「何も質問がないので。」と断った。

家に帰って、

入っていた冊子などをパラパラ見たが

よくわからず、

ちょっと疲れた。

 

産科外来について」を読んで

予約の電話をしてみた。

意味もなく(?)緊張しつつ

「出産希望なんですが。。。」と言うと

「当院でご出産予定ですか。」とか

「ご自宅から当院までどれくらいで来られますか。」など

確かに必要な質問だが

まさか電話で聞かれるとは思ってなかった。

 

徐々に妊娠していることを

自覚しはじめた

 

出産費用

日赤のHP(出産費用について)を見ると

---------------------------------------------------------------------------

自然分娩

4~5日間 : 570,000円 ~ 610,000円
6~7日間 : 640,000円 ~ 680,000円

帝王切開分娩

6~7日間 : 630,000円 ~ 650,000円

ハイリスク対象の場合、下記の金額となります。

自然分娩

4~5日間 : 640,000円 ~ 690,000円
6~7日間 : 740,000円 ~ 800,000円

帝王切開分娩

6~7日間 : 690,000円 ~ 720,000円

--------------------------------------------------------------

と書いてある。

当然わたしは「ハイリスク対象者」で

命代と思えば・・・と割り切った

正直、妊娠中の検診なども入れてなのか

純粋に出産費用だけなのかもよくわかっていなかった。

なので、他も平均も見ず

通院を始めたんだけど・・・

 

わたしの実家のほうでは

出産助成金の42万円より安くでき

よく「得をした!」という話を耳にしていた。

たいてい5万円くらい。

 

今考えると日赤が高いのか?と思うところもあり

調べてみると

出産費用というのは都市部ほど高く

トップはやっぱり東京らしい。

詳しくはWELQ出産準備

(このサイトが一番わかりやすかった)

 

実際わたしがかかった金額は

42万+33,7142円でした。

詳細はまた紹介しますね。

産院を決めよう!

わたしのような田舎者は

病院を決めるとき

活用するのがネットの口コミ。

それはみなさん同じだと思う。

 

わたしは品川区なので

有名なところは昭和大学病院

実際、近所の人は

年齢関係なく

(今も昔もという意味で)

産んでいる人が多い。

総合周産期母子医療センターがあり

かなり有名である。

 

ただ、わたし自身

大学病院にあまりいいイメージを持っていなかったことと

まだ他にも産院はあるだろうと思い

タクシーでかかっても40分くらいという観点で

「高齢」「出産」「評判」「東京」というキーワードで

検索してみた。

「高齢」と「出産」の間にスペースを入れ

検索範囲を広げてみた。

その際、以前から病院探しに活用している

ベネッセのウィメズパークも見てみた。

 

すると、挙った名前が

聖路加、慈恵大、愛育など

その中で聞いたことがあって

口コミサイトに登場してくる回数が多く

家から一番近かったという理由で

広尾の日本赤十字医療センター

決めた。

 

それから

杉山産婦人科 丸の内

卒業診察に行った。

 

f:id:hatsuho616:20161114202337j:plain

心臓の音も確認でき

7週目6日目だった。

診察で

「どこで産むか決めていますか?」と

聞かれ

「日赤の広尾で。。。」と

少し濁しぎみで、

できればアドバイスをいただこう

という感じで言ったのだが、

淡々とフツーに

「じゃ、紹介状書きますね~。」と

さわやか?に返事をもらい

卒業した

 

 

彼に報告

検査薬も病院の検査も

妊娠だったので

イチバンに彼に報告した。

ただ

まだ心臓が確認できていないので

確実(?)ってことではないけど。。。って。

 

でも彼は

前にした精子検査がよくなかったので

いろんな意味で

疑問だったようだ。

だから

精子検査で採取した精子

人工授精したのではないかと

聞いてきた。

 

いや、違う。

医者の先生も言っていたけど

ポリープ除去の手術が

いい方向に導いてくれたんではないかと

伝えた。

あのポリープ(数も量も)じゃ

着床しようも

邪魔でしかたがないから。

 

彼は納得した。

妊娠したら別れるという約束を

切りだされるかと

覚悟はしていたが

その話はしてこなかった。

 

正直、

わたしは彼の子供を身ごもったことに

感謝もしていたし

彼とも

まだしばらくいっしょに歩きたい

気持ちがあった。

いや、それしかなかった。

 

なので、

向こうから何か言って来るまで

こちらからは触れないことにした